ホーム>スタッフブログ>2016年10月

2016年10月

フロントガラスリペア

フロントガラスに知らない間にヒビが入っていたとか、キズができていたという経験がありませんか?
前を走っている車や対向車が跳ね上げた小石がガラスに当たるとキズが入ってしまいます。
そんな時の対処法をお教えします。
 
ガラスのヒビは初めは小さくても走行中の風圧や、
ドアを開け閉めする時の内圧で大きく広がってくるおそれがあります。
ヒビが大きくなるとガラスを丸ごと交換しないといけません。
車種にもよりますが7万円から十数万円程度と高額です。
 
ヒビが小さい内であれば修理ができます。
ウィンドウリペアという手法ですが、
ガラスの日々の中を真空にして特殊な接着剤を中に浸透させて
ヒビがそれ以上大きくならないようにします。

ヒビも目立たなくはなりますが完全に消えることはないので、
あくまでもヒビを広がらなくする手段ですが、
費用は16,000円(税別)と交換するのに比べて
とてもリーズナブルにすみますので、
ヒビが入った時には小さい内に早めにお車をお持ちください。
 
フロントガラスリペア

プッシュスタートの電池切れに注意を

最近のプリウス、アクアなどのハイブリッド車やのアイドリングストップ車は
ボタンを押してエンジンをかけるプッシュスタート式が主流となっています。
わざわざカギを出さなくてもロックが開け閉めでき、エンジンをかけられるのでとても便利です。
でも便利な反面、落とし穴も。

こちらのキーの中には小さなボタン電池が入っています。
この電池が切れるとエンジンがかかりません。
最近はバッテリ上がり以外に、
このキーの電池切れによる出動依頼も多くなってきています。
2年の車検ごとには交換しておいた方が安心です。
ぜひ車検の時にはご依頼下さい。

プッシュスタートの電池切れに注意
 

シシドモータース 11月のチラシです。

シシドモータース 11月のチラシです。

ヘッドライトコーティングで費用削減

長年乗っているとヘッドライトが黄ばんできた。
夜運転していて以前より暗く感じる。
こういった経験はありませんか?

ヘッドライトは樹脂でできているため、経年劣化によって黄ばんだり、
白く濁ってきたりということが起こります。
ヘッドライトを交換するという手もありますが、
片側3万円~10万円程度、両側で6万円~20万円程度と大変費用が掛かります。
 
そんな時にオススメしているのがヘッドライトコーティングです。
ヘッドライトの表面を磨き、薬剤で樹脂の中に浸透している黄ばみも浮かせます。
その上から表面をコーティングしていきます。
写真の右側が施工前、左側が施工後です。
1年程度は効果が持続します。
 
もし半年以内で黄ばんでくるときは再施工いたします。
ヘッドライトの黄ばみが気になっている方は是非ご用命ください。

ヘッドライトコーティングで費用削減